ニュースリリース

2009年04月23日
第44回『造本装幀コンクール』文部科学大臣賞受賞

(社)日本書籍出版協会、(社)日本印刷産業連合会主催の第44回造本装幀コンクールにおいて、慶應義塾大学出版会様より受注し、当社で製作を行いました「瀧口修造1958旅する眼差し」が文部科学大臣賞を受賞いたしました。


造本装幀コンクールとは、出版、デザイン、印刷・製本産業の向上・発展と読書推進を目的としているコンクールで、選考基準は以下の4つになります。

①造本目的と実用性との調和がとれており、美しく、かつ本としての機能を発揮しているもの。
②編集技術ならびに表紙、カバー、本文のデザインが創造性に富み、将来に示唆を与えると認められるもの。
③印刷・製本技術が特に優れているもの。
④材料の選択が特に優れているもの。

「瀧口修造1958旅する眼差し」は化粧函の中に、写真集、解説本、ポスター、手帳など、いろいろな物が入っているのですが、230線印刷やFMスクリーンの技術を駆使して作成しております。

当社が受賞できた理由は③を評価されてのこととなります。
科学大臣賞を受賞いたしました。

画像

 

PageTopへ