ニュースリリース

2019年10月04日
co-labイベント『紙deナイト Vol.4』がatelier grayで開催されました。

クリエイティブワーカー専用のシェアオフィス「co-lab墨田亀沢」が企画するイベント『紙deナイト』。
"デジタルの時代に敢えて紙の価値を語る夜"をコンセプトに、所属クリエイターを集めて開催される同イベントが加藤文明社「atelier gray」を会場に開催されました。

『紙deナイト』第4回のテーマは「デジタル × 紙――デジタル印刷の事例を知る」。
co-labに所属するエディトリアルデザイナーやグラフィックデザイナーのみなさんに、atelier grayに設置された次世代インクジェットデジタル印刷機と最新の印刷技術・事例をご紹介し、紙とデジタル印刷の可能性について語り合いました。

3000種類の表紙デザインの展覧会カタログや極少ロット高品質の豪華本、プロトタイピングとフィニッシングをその場で行いクリエイティブに時間を割くことの出来るプロセスイノベーションなど、出版・デザイン・印刷の在り方の変化を目にしたクリエイターのみなさんからは、次々とご質問やアイデアが飛び交い、熱く楽しいひとときとなりました。

ご来場のみなさん、サポートいただいたco-lab/株式会社サンコーのみなさん、本当にありがとうございました。

当日の模様をco-lab墨田亀沢blogにおまとめいただいております。ぜひご覧ください。 

イベントレポート |紙deナイト Vol.4―デジタルの時代に敢えて紙の価値を語る夜

画像

 

PageTopへ