電子書籍

その本に最適な「型」を見極め、デジタル化。

画像:電子書籍

ソリューションpoint: デジタルパブリッシング

現在、電子書籍には大きく分けてアプリ型と配信データ型の2種類があり、当社ではいずれの制作においても、すでに実績をあげています。

画像:アプリ型電子書籍

アプリ型電子書籍

ビューアとコンテンツが一体となり、単体でソフトウェアとして存在する電子書籍です。コンテンツは画像として処理されているケースが多く、専用機能を搭載していることもあります。

画像:配信データ型電子書籍

配信データ型電子書籍

コンテンツ(本文テキストや画像など)のみのデータであるため、閲覧にはビューアと呼ばれる閲覧ソフトが必要となります。多くの電子書籍ストアではこの配信データ型を採用しており、その閲覧のために汎用または専用のビューアを提供しています。

現在、日本国内の主要な電子書籍ストアが扱う、配信データ型電子書籍のフォーマットには、ボイジャー社の.bookやシャープ社のXMDF、国際電子出版フォーラムが普及を進めるEPUBなどがあります。.bookやXMDFは早くから縦書き、ルビ、圏点、縦中横など日本語組版特有の機能を備えていましたが、オープン性のあるEPUBにおいても最新の規格であるEPUB3は、日本語組版の基本的な機能を備えています。各フォーマットも、リフロー(再流し込み)型、あるいはフィックス(固定)型による制作が可能です。

リフロー型
書籍のDTPデータからテキストを抜き出し組み直したもの。デバイスやビューア上で文字の大きさ、行間、書体などを変更することができ、リフローするたびに文字送りやページ数が変わります。したがって、ページという概念もノンブルもなく、目次は本文へのリンクとなります。リフロー型の電子書籍の閲覧は、ブラウザでWEB サイトを閲覧するイメージに近く、一般的に電子書籍と言うとこのリフロー型を指します。テキストデータであるため総容量が小さくすむメリットがある反面、各フォーマットの仕様に従うことになるので、制作コストがフィックス型より高くなるデメリットがあります。また複雑な組版、表組、数式や外字などについては、画像化して対応するなどの作業が発生します。

フィックス型
書籍をページごとにスキャンした画像を紙芝居のように並べたもの。リフロー型のように文字の大きさ、行間、書体を変更することはできませんが、紙面のデザインをそのまま表現できるため、どんなに複雑な組版でも電子化が可能です。画像ゆえのデメリットとして、データサイズがリフロー型に比べて大きくなる点があげられます。なお、一般に普及しているPDFも一種のフィックス型電子書籍と言えます。

以上の特徴を踏まえ、配信データ型電子書籍の制作においては、DTPデータが存在する書籍はリフロー型、DTPデータが存在しない書籍はフィックス型を選択する場合が一般的です。また文庫本など文字が主体となる書籍はリフロー型、レイアウトを崩すことのできない雑誌はフィックス型など、書籍の性質によってタイプを選ぶ必要もあります。

画像:コンテンツ緊急電子化事業(通称「緊デジ」)

コンテンツ緊急電子化事業(通称「緊デジ」)

「緊デジ」とは、経済産業省による「コンテンツ緊急電子化事業」の略称であり、国内出版物の速やかな電子化を目指す事業のこと。当社は、この事業の制作会社として登録され、「緊デジ」仕様に基づいた電子書籍制作において実績があります。

 

PageTopへ